Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/masasan/masayoshi88.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
ライフスタイル

卵アレルギーに対応できるおすすめ外食店!

サーティーワンのロゴ

食物アレルギーがあると、外食する際に何かと気を使いますよね?

あなたがアレルギーの食材が、入っているかどうかきちんと確認する必要があります。

外食チェーン店だとなおさら、アレルギー対応してくれるのか心配があるでしょう。

今回はそんなあなたの心配を払拭するため、アレルギー対応してくれる外食チェーン店をまとめました。

お子さんに食物アレルギーがあって、どこで外食できるか知りたいというあなたへ。

食物アレルギーもちの息子と一緒に外食した、体験談から詳しくお伝えします。

食物アレルギー対応してくれる外食チェーン店

今回は比較的メジャーどころ、3店の外食チェーン店をご紹介します。

ちなみに息子の食物アレルギーは、卵とじゃがいも。

3店とも店員さんに直接相談して、きちんと対応してくれた良店でした。

サーティーワン

サーティーワンのアイスを食べようとする子供

サーティーワンアイスのフレーバーは、実に1000種類以上!

その中から、季節に合うアイスを31種類チョイスしているんですね。

サーティーワンには卵を使ったアイスがあり、卵アレルギーの場合どれを食べたら良いか迷ってしまいます。

サーティーワンには成分表があり、フレーバーごとにどんなアレルギーがあるか目で見て確認できます。

公式サイトでもチェックできます。

[btn class=”big lightning”]サーティーワン公式サイトを見る[/btn]

卵を使っていないアイスとしては、シャーベット類やバニラなどがあります。

注意したいのは、ワッフルコーンには卵を使っているということ。

そのため、卵アレルギーがある方はカップを選ぶ必要があります。

サーティーワンではさらに、アレルギーがある方にしてくれるサービスがあるんです。

それはアイスを注文する時に、

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]アレルギーがあります[/voice]と相談すると、

手袋をつけてからアイスを調理するサーバーやヘラなどを丁寧に洗浄してくれるということ。

アレルギー物質が極力混入しないようという、コンタミに配慮してくれているんですね。

丁寧に洗浄してくれるので、数分の時間がかかります。

そのため混雑時の対応については、行った先の店員さんと相談してくださいね。

コンタミへの別の配慮として、新しいアイスを開封してくれる場合もあります(店舗により異なる)。

また店舗によっては、在庫のある未開封のアイスを紹介してくれて、そちらでよければと対応してくれるケースも。

チェーン店でありながら、これだけアレルギー対応してくれると安心感がありますね。

もちろん卵等使用したアイスを扱っているので、100%アレルギーの影響が出ないとは言い切れません。

その上でこれだけ丁寧なアレルギー対応をしてくれると、理解した上で行きましょう。

マクドナルド

マクドナルドの看板が縦に並ぶ

全国に2800件以上もある、知らない人はいない超有名店マクドナルド。

マクドナルドの場合、ネックになるのがじゃがいもアレルギーです。

ハンバーガーに使うケチャップには、ご存じの通りトマトが使われています。

トマトはナス科の野菜で、同じナス科のじゃがいもアレルギーの方は食べることができません。

またフライドポテトも、当然じゃがいもからできています。

お子さん用のハッピーセットを注文する際、上記のアレルギー物質を除いたメニューを注文することができます。

ハンバーガーのケチャップは、注文時に

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]ケチャップ抜きで[/voice]と伝えると、ケチャップ抜きのハンバーガーを作ってくれます。

料金は無料。抜きにしたからといって、安くなるわけではありません。

またサイドメニューのフライドポテトは、ほかにスイートコーンに変えることができます。

スイートコーンは、一つ一つカップに入ってフタもされているので安心。

[aside type=”normal”]

息子の場合は、その時により口元が赤くなるなどの症状が時々みられます。

時間が経てば、消えてしまうので重症ではないのですが。

フライドポテトを傍で扱っているので、コンタミの恐れが全くないわけではありません。[/aside]

ハンバーガーの場合、バンズには卵を使われていませんが、店舗での調理過程に接触があると公式サイトに書かれていました。

コンタミの恐れもあるので、気にする方は避けた方が良いでしょう。

ブロンコビリー

網で焼かれているステーキ

東は千葉県から、西は兵庫県まで店舗があるブロンコビリー。

ステーキとハンバーグのお店で、熱々のテッパンでジュージュー焼くスタイルが人気です。

ブロンコビリーでは、アレルギー表が各店舗にあり、食材にどんなアレルギーがあるか確認することができます。

  • メインメニュー
  • ソースやトッピングのメニュー
  • サラダバー

一つ一つアレルギー表示しているので、目で見て確認できます。

公式サイトでも、アレルギー表を確認できるのでチェックしましょう。

ステーキやハンバーグの付け合わせといったら、大体フライドポテトがついてきますよね?

じゃがいもアレルギーの皆さん、安心してください。

フライドポテトは、ブロッコリーなどに変更することができます。

ステーキやハンバーグのソースなども相談に応じてくれるので、店員さんにぜひ尋ねてみてください。

まとめ

アレルギー対応してくれる、外食チェーン3店をご紹介しました。

  1. サーティーワン
  2. マクドナルド
  3. ブロンコビリー

このほかにも、アレルギー対応するのを見つけたら随時更新していきます。

食物アレルギーがあると何かと気を使いますが、皆と同じものが安心して食べられるようになったら嬉しいですよね。

アレルギーのある方同士、こんな対応をしてくれたよという情報があれば共有したいので、ぜひ教えていただけるとありがたいです!