Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/masasan/masayoshi88.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
ライフスタイル

【充電させてもらえませんか】これで完璧!徹底バイクレビュー!

黒とオレンジのバイクが停まっている

人気番組「充電させてもらえませんか」で、出川哲郎さんが乗っている電動バイク。

どこのもので、値段や性能はどんなもの?

気になる電動バイクは、YAMAHAのE-vino。

ガソリン代がかからないので節約にもなるし、わざわざガソリンスタンドに行く手間もかかりません。

バッテリーの電気代は、1回の充電で約14円というエコな乗り物!

空の状態から満充電までは、約3時間でできます。

そんな充電させてもらえませんかバイク、E-vinoのレビューを詳しくご紹介します。

乗り心地や収納、またバッテリー価格などこれ以上ないというぐらいにまとめているので、ぜひ参考にしてみください。

充電させてもらえませんかのバイクE-vino

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]出川さんが番組で乗っている電動バイク[/voice]

人気テレビ番組、充電させてもらえませんか。

街の人から充電させてもらいながら、バイクで旅をするフレンドリーな旅番組。

【出川哲朗の充電させてもらえませんか?】

  • テレビ東京系列で毎週土曜日に放送されている旅バラエティ番組
  • 出川さんが電動バイクに乗って旅をし、いく先々で「充電させてもらえませんか?」とバッテリーの充電をお願いする
  • 2015年年末の特番が、同時間帯全局1位を記録
  • 2017年4月よりレギュラー化
  • 日本全国縦断!47都道府県全制覇を目標にしている

番組当初はYAMAHAのEC-03でしたが、現在はE-vino。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_6604.jpg” name=”mom” type=”r cf icon_red”]スイカ柄のシートカバーは特注で、番組用に作ってもらったそうだね♪[/voice]

ヤマハ(YAMAHA)E-Vinoを詳しく見る

充電させてもらえませんかE-vinoのバイクレビュー

ここからは、実際にE-vinoを購入後のレビューです。

外観

オレンジと白のイービーノ

見た目は、普通のガソリンエンジンvinoとほぼ同じ。

ビビッドなオレンジと白のツートンカラーが、なんとも可愛らしいですね。

eの文字があるのが特徴で、電動バイクらしさも見え隠れしています。

特徴的なのは、電動バイクなのでマフラーがないこと。

ガソリンを入れるキャップなどもなく、シンプルな外観となっています。

ほかは丸っこくて可愛らしい、vinoそのまんまの形ですね。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]これが気に入って買いました♪[/voice]

バイク特有のゴツゴツした感じがないし、また色合いも気に入っています。

カラーは写真のビビッドイエローイッシュレッドメタリックのほか、ホワイトメタリックの2種類。

シートの高さは715mm。

160cmの妻がのっても、しっかり足がつきました。

e-vinoの収納

イービーノのシート下収納

シート下は、容量10Lの収納スペース。

上半分にバッテリーが入るけど、下半分にちょっとした荷物が入ります。

シート下にバッテリーを収納するので、どうしても半分はつぶれてしまいます。

でもレインコートや小型のリュックぐらいなら、余裕で入ります。

また、予備のバッテリーを1個積むことができます。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]予備バッテリーがもう1個あると、安心[/voice] イービーノの収納フック

ハンドル下にはペットボトル入れと、買い物などの袋を吊り下げられるフックが装備。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]こういうのちょっとあると便利ですよね[/voice]

充電させてもらえませんかバイクの特徴

車体の重量

E-vinoの車体はわずか68kg。

この軽いボディも、運転しやすい特徴の一つなんです。

エンジンモデルのvinoよりも、およそ12kgも軽いんですよ!

静かでクリーン!

  • ガソリンがいらない!
  • ガソリンスタンドにも寄る手間がない
  • 排気音なく近所迷惑にならない
  • 静かな走行を楽しめる
  • マフラーもなくすっきりとした姿に

電動バイクの良さは、なんといっても静でクリーンなこと。

排気ガスもないし、バイクの騒音などもなく静なんですよね。

夜遅くに出掛けるときでも、近所迷惑にならないので便利です。

電気代は1回14円

  • エコであり経済的
  • 1回の充電あたりの電気代は約14円(バッテリー充電ゼロから満充電した平均的な金額YAMAHA調べ)

電気代はわずか14円というから、ガソリン車に比べたらいかにエコな乗り物かが分かります。

その分、航続距離は短いですが、乗り方次第で節約にもなるんですよね。

走りが滑らか!

  • 走り出しもスムーズで、安定した走行が楽しめます
  • EVならではのスムーズで静かな走りを実現
  • 満充電での航続距離は約29km

電動バイクならではの走りで、滑らかに走るのが特徴。

ガソリン車のように、エンジンでブルブル震えることもありませんし、快適な乗り心地を楽しめます。
イービーノにチェーンロックがかけられている [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]デイトナのチェーンロックが強力です[/voice]

原付バイクは盗まれやすいので、切られないチェーンロックが必須!

安い細いロックをして簡単に切られてしまうよりは、信頼できるメーカーのものを使いましょう。

デイトナ ストロンガーチェーンロックを詳しく見る

e-vinoバッテリー価格

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]もうちょっと走りたいなら、予備バッテリーがあると安心[/voice]

e-vinoのバッテリー価格は、57,672円(税込・メーカー希望小売価格)です。

販売店によって、若干価格は異なるので、詳しくは販売店で確認してください。

標準装備されているバッテリーと同じもので、シート下に収納することができます。

[aside type=”warning”]
  • 予備バッテリーを収納するには、専用アクセサリー(バッテリーダンパー)が必要となります[/aside]

バッテリーダンパーを詳しく見る

  • 取り外して、室内で充電器につなぐだけでOK
  • 充電時間は約3時間(バッテリー残量ゼロから満充電した場合YAMAHA調べ)
  • バッテリーは約6kgの重量
  • もう1個予備バッテリーをシート下に収納できる(予備アクセサリーが必要)

充電させてもらえませんかE-vinoバイクの走り

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]肝心の走りはどんなものかな?[/voice] イービーノのメーター部分

キーを回したら写真のような画面になるので、左右どちらかのボタンを1回押します。

そうすると、標準モードで走ることができます。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]標準モードはモーターの出力が抑えられるので、最高速度は35km/hに[/voice]

標準モードでゆったり走っても、不便はないです。

でもバイパス合流するときとか、ちょっと加速したいときもありますね。

そんな時は、パワーモードを使いましょう。

写真向かって左側のボタンを1回押すと、パワーモードになります。

パワーモードだと、速度制限なく50㎞まで加速できます。

boostと書かれたボタン

またハンドルのこのボタンを押すと、BOOSTモードになり、30秒間だけパワーアップして走ることができます。

上り坂などパワーが欲しい時に使うと便利!

エンジン音は、めちゃめちゃ静かです。

エンジンをかけた時も、「えっ、これでエンジンかかってるの?」というぐらいの音。

走行中もウィーンというモーター音はしていますが、ガソリンエンジンに比べたら圧倒的に静かです。

早朝や深夜の住宅街でも、音を気にせず走れるのが良いですね。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]逆に静か過ぎて、気づかない場合があるので注意[/voice]

前に自転車が走っていたりお年寄りが歩いていると、まったく気づかれないことがあります。

乗り心地は、動画でも確認してくださいね

充電させてもらえませんかE-vinoバイクの航続距離

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]航続距離のカタログ数値は29km[/voice]

私は自宅と職場までの、通勤用として使用しています。

自宅から職場までは、片道約10km。

往復で約20kmという距離で、行きはゆるやかな上りが長く続きます。

ゆっくり標準モードだけで往復走って、バッテリーの残量は20〜25%。

パワーモードをたくさん使ったり、上り坂でBOOSTを多用すると、あっという間にバッテリー残量は減ります。

E-vinoの販売元YAMAHAは、5㎞圏内の移動に最適として謳っています。

片道10㎞だと乗れなくはないけど、無理な乗り方はできないなという感じ。

職場で充電できるなら問題ないですが、そうでないなら、もう1つバッテリーを購入して積んでおくと安心。

シート下に予備のバッテリー(59,400円)を収納できるスペースもあります。

予備バッテリーがあれば、単純に2倍の航続距離を走ることが可能に。

充電させてもらえませんかバイクの使い方

航続距離が20kmちょっとなので、少し不便なようにも感じますが、

どう使うかによって、非常に使い勝手のよい乗り物になります。

農作業のおじいさんおばあさんが使うケースは、自宅から畑までほんの1〜3kmほどの距離。

歩いてもいけるけど、それなりに高齢なので毎日歩くのはしんどい。

そこでこの電動バイクがあると、ちょっとの時間で行って帰ってこれるから便利だというんですね。

若い人たちの場合で考えると・・・

  • 5km程度の距離の通学や通勤時
  • バイト先までの移動用として
  • ちょっと近くのコンビニなど買い物へ行く時
  • 市街地など、車で行くと渋滞するような場所への移動
  • 市街地など、駐車料金がかかるような場所への移動

上記のような例が考えられます。

都心部での移動などは、車よりも早く行くことができるし、おまけに駐車場の料金もかからないケースもあるので却って便利ですね。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]航続距離は短いけど、使う用途によっては十分に活用できそうだ♪[/voice]

ヤマハ(YAMAHA)E-Vinoを詳しく見る

E-vinoまとめ

  • 充電させてもらえませんかバイクは、YAMAHAのE-vino
  • 見た目はガソリンエンジンのvinoと同じ
  • バッテリーは約3時間で充電できる
  • 1回の航続距離は、実際は約20㎞ほど
  • 通勤やコンビニへの買い物など、乗り方を考えて使えば活用できる
  • ガソリン代がかからない
  • ガソリンスタンドへ行く手間もない
  • 1回の充電あたり電気代は約14円

ゆったり自然を見ながら、風を受けて走るのが気持ち良い♪

出川さんのように、楽しいバイクの旅が満喫できましょう♪

ヤマハ(YAMAHA)E-Vinoを詳しく見る