ライフスタイル

上司と合わない!気持ちを楽にするためにすべき4つのこと

今の上司と合わなすぎてもうムリ

そんな風に思っていませんか?

毎日顔を合わす上司と合わないなんて、仕事に行くのさえ憂鬱に感じてしまいますよね。

上司と合う合わないは、あなた自身の働きやすさに大きな影響をあたえます。

関係が良い上司であれば、仕事もはかどりますし、何より職場へ行くことが楽しくも感じられるでしょう。

もちろん上司といえど人間なので、あなたとの相性が悪い人だっていますよね。

しかし仕事のことで相談してもちゃんとした返事をもらえなかったり、機嫌によって態度が変わったりすると、そもそも仕事をやる気も失せてしまいます。

その結果、ストレスになって胃痛に苦しんだり、憂鬱になって何もする気が起きなくなってしまったり・・・。

あなた自身の体調を崩してしまう恐れにつながります。

上司が異動になればよいですが、なかなかそううまくはいかないので、上手な対処法を見つけるのが良さそうです。

嫌な気持ちを楽にするための方法を紹介します。

私自身も実践してみたので、ぜひあなたもできそうなことを試していただけたらと思います。

上司と合わないあなたの気持ちを楽にするために

気持ちが楽になり親指を突き立てている

上司と関わるのは最低限にする

あなたと上司が同じ職場であるなら、顔を合わせないというのはかなり難しいですよね。

ですので、上司と関わるのは最低限にとどめておくのが良いでしょう。

あなたがもし外回りの営業などに出られるのであれば、勤務時間に上司と顔を合わせる時間が少なくすむかもしれません。

私は上司の隣に座ってパソコンをしたおかげで、画面をのぞかれて小言を言われたなんてゾッとすることをされていました。

なるべく、上司の目の届かない位置で仕事するのも大切なポイントです。

また職場の人間である上司とは、プライベートな話をする必要はなく、仕事上の付き合いだけで良いのです。

上司が自分のプライベートについて話してくるなら、適当に相槌を打てばいいだけのこと。

自分から、あなたのプライベートについて話すことはありません。

そんなことをして、もし相手がくいついてきたら、もっと面倒くさいことになります。

あなたと合わない上司とは、最低限の関わりにとどめておくことで、ストレスを必要以上にためずにすみます。

同僚に間に入ってもらう

合わない上司と、あなた一人で応対するのはかなりの苦痛を伴います。

仲の良い同僚がいるならば、上司とどうしても合わないという事情を伝えて、間に入ってもらうと気持ちが楽になります。

人間だれしも、そりが合わない上司はいるもの。

同僚に悩みを打ち明けて、グチを聴いてもらうのも大切です。

そしてどうしても上司と一対一だと苦しいのであれば、同僚にも間に入ってもらい助け舟を出してもらってはどうでしょう。

合わない上司と対面すると、イライラが募ったり、頭が真っ白になったりしがちですよね。

そんな時同僚が関わってくれることによって、そのイライラがなくなったり、うまい対処法をしてくれることが期待できます。

上司と合う合わないは職場の問題でもあるので、あなた一人で抱え込む必要はないのです。

この人なら大丈夫そうだなぁという同僚を見つけて、相談しておくと良いでしょう。

異動の希望を出す

他の部署へ異動するというのも一つの手です。

単に上司と合わないから異動したい、という人はいないでしょう。

「他の部署でこういうところをやっていきたい」という明確な意思を示すことで、異動が会社に受け入れやすくなります。

私の経験上、異動のチャンスはなかなかあることではありませんが、まったくないわけではありません。

しかし他の部署の理解ある上司と話をして、そちらの部署で力を発揮したいなどと伝えておくことで、4月になり異動したという経験をしました。

異動は会社が決めることだからと悲観的にとらえず、自分が異動したい職場の人間と接してコネクションを作っておくのも大切です。

今の職場から転職する

残念ながら、どうにも解決策が見つからない場合は転職もアリです。

職場の上司といえど、所詮は他人。

他人の気持ちを変えることなんてできません。

合わない上司と何年も苦しみながら頑張るよりも、あなたの力を発揮できる職場へ行って働く方がよっぽど良いと思いませんか?

苦しんだ末に何かが待っていれば良いですが、そうでないなら見切りをつけて新たな職場を選ぶのもあなたのためなのです。

上司との関係であなたの働きやすさが変わる

人間関係が良い6人が手首を握り合っている

あなたにとって、職場に大切なものは何ですか?

お金が大切という方もいるでしょうが、そういう方はきっと人間関係は二の次になるのかもしれません。

いくら給料が良かったとしても、職場の上司と合わなければこれほどしんどいことはありません。

どんなに頑張っても頑張りを認めてもらえない、顔を見るだけで寒気がするなどなど。

そんな上司と、これからずっと毎日顔を合わせて仕事をすることができるでしょうか?

少しぐらいなら我慢できるよと思っても、それが毎日となると次第に耐えられなくなっていきます。

上司をはじめとした、職場の人間関係ってすごく大切です。

今の職場で合わない上司と一緒にずーっと我慢し続けるのか、新しい職場であなたに合う上司を見つけて気持ちを楽に仕事をするのか。

すべてはあなた次第ですが、人間関係を原因に病んでしまわないことを願うばかりです。

我慢も限界がある

家事をする猫

いくら我慢ができる人でも、人間ですから限界があります。

私は以前の上司と合わずに精神的に病んでしまい、朝出勤の時になるとポロポロと涙がこぼれてきたり、毎日がつまらなく感じたりという症状になっていました。

本当はそうなる前に、対処しなければいけなかったのです。

病院に行って治療をはじめるのも大切ですし、何より必要なことはあなたと合わない上司と今後どうするか決めること。

将来の転職を考えつつ、期限を決めてそこまでは我慢するならまだ良いかもしれません。

くれぐれも我慢し続けないでください。
我慢に我慢を重ねても、あなたの心をむしばんでいくだけだから・・・。

あなた自信を大切に

誰でも人間関係が良くて、理解のある上司と一緒に働けたら良いと願っています。

でも残念ながら、必ずしもそういう職場ばかりではなく、あなたと合わない上司との出会いもあります。

今回紹介したやり方で、少しでもあなたの気持ちが楽になれば幸いです。

あなたが合わない上司を嫌ってストレスをためているかもしれませんが、上司はあなたのことをなんとも思っていないかもしれません。

あなたの時間を、あなたの人生を無駄にしないよう、あなた自身をどうぞ大切にしてください。

うつになって、働けなくなってからでは回復するのはとても大変です。

ちょっとしんどいぐらいで手を打てれば良いですね。

もう本当に辛いなら、異動なり転職なりで環境を変えてしまいましょう。