Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/masasan/masayoshi88.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
ライフスタイル

散歩とウォーキングの違いは?消費カロリーをくらべたら意外な結果に?

両足、違う色の靴を履いている人の下半身

散歩とウォーキング、違いはいったい何でしょう?

英語では同じwalkingですが、日本語だと意味あいが異なります。

ウォーキングは、健康を目的としています。

速足で負荷がかかるようにしたり、正しいフォームで歩くことを意識したりします。

対して散歩は、時間を気にせず景色などを眺めながらマイペースにゆっくり歩くこと。

意味としては散歩とウォーキング、こういった違いがあります。

早朝散歩派の、ソフィアパパ(@masaoyshi88)です。

それでは気になる消費カロリーなど、違いはあるんでしょうか?

散歩とウォーキングの違いについて調べてみると、驚きの結果に。

散歩とウォーキングの違い

散歩中の女性の後ろ姿と奥に緑が広がる [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]散歩とウォーキングの違いは何?[/voice]

日本語で散歩、英語でウォーキングという違いだと思ったのですが目的に違いがありました。

「散歩」というのは、

健康増進を明確な目的とした近年「ウォーキング」と呼ばれる行為と重なる部分はあるが、

「散歩」のほうは、ただの気晴らし目的がありうる、という点でそれとは異なった概念である。

Wikipediaより引用

 

つまり

  • ウォーキングは健康増進を明確な目的としている
  • 散歩は「気分転換に外でも歩いてみるか」程度の、軽い気持ちで歩く

 

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]スポーツウェアを着て、腕をぶんぶん振って歩いているおばちゃんたちがしているのはウォーキングですね[/voice]

オリンピックイヤーやマラソン大会の近くなどになると、ウォーキングをしている人をよく見かけますね。

対して散歩のイメージは、おじいちゃんおばあちゃんたちがゆっくり歩いている姿でしょうか。

散歩とは

散歩は運動というイメージではなく、時間があるときにちょっとその辺を歩く感じ。

一説には、中国の漢方薬が起源となっているものもあります。

漢方の中に、五石散(ごせきさん)というものがあります。

五石散を内服すると、体が暖まる散発という作用がありました。

しかし、中にはなかなか体が暖まらない人もいたそうです。

そういう人が何をしたかというと、うろうろと歩き回って薬の効果を高めようとしていたんです。

この行動から、散歩という風に名付けられたという説もあり。

散歩はゆっくりとしたペースで歩くので、適度な運動で脳にも刺激が及びます。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]自然をみながらの散歩って、とっても気持ち良いですものね![/voice]

ウォーキング

ウォーキングは健康を目的とした、いわゆるスポーツです。

驚いたことに、日本ウォーキング協会というものが存在します。

その歴史は古く、1964年に開催された東京オリンピックまでさかのぼります。

当時は「歩け歩けの会」という名前で、学生さんたちがみんなで歩こうという呼びかけとともに始まりました。

第一日曜日を歩く日と決めたり、世界オリンピックフェスティバルを開催したり広範囲に活動。

こういった背景があることが、現在のウォーキング=スポーツ志向につながっているんですね。

散歩とウォーキング消費カロリーの違い

一人道の真ん中をウォーキングする男性 [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]気になる消費カロリーは違いがあるの?[/voice]

健康を目的としているウォーキングと、のんびり歩く散歩。

どう考えてもウォーキングの方が、消費カロリーは大きいでしょうね?

しかし、思ったよりも差がみられなかったんです。

違いを検証

「所さんの目がテン!」というテレビ番組で、散歩とウォーキングの効果の違いについて検証していました。

それぞれのやり方については、下記のとおりです。

▼ウォーキングのやり方▼

  • 腕を平行にして、やや後ろへ意識して振る
  • 歩幅は普段よりも広くして歩くことを意識する
  • スピードはいつもよりもちょっと早め

 

▼散歩のやり方▼

  • 腕の振りも歩幅も気にしない
  • 周りの景色を楽しみながらのんびりと

 

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_7783.jpg” name=”mom” type=”r cf icon_red”]どう見ても、ウォーキングの方が消費カロリー激しいでしょう[/voice]

実験の仕方は、

  • 20分普通に歩く散歩
  • 20分少し早いスピードで歩くウォーキング
  • それぞれ歩いたあと、消費カロリーをはかる

気になる違いは

散歩とウォーキング、それぞれの条件をもとに20分歩いた結果です。

  • ウォーキングの消費カロリーが136kcal
  • 散歩の消費カロリーは120kcal
[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_7783.jpg” name=”mom” type=”r cf icon_red”]思ったより大差ないんだね[/voice]

そうなんです!

意識して早く歩いたウォーキングと、のんびりと歩いた散歩では消費カロリーに大きな差はみられないのです。

ちなみに120kcalはどのぐらいの量かというと・・・

  • ご飯茶碗3分の2杯
  • バナナ1本半

張り切ってウォーキングやるぞ!と、意気込まなくても良いんです。

ゆる~い散歩を20分すれば、ウォーキング同様の運動効果が得られます。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]気軽に散歩からはじめよう[/voice]

 ゆるく散歩でも良い

ウォーキングやるぞ!と意気込んでも、結局続けられなければ意味がありません。

しかしゆるい散歩を、毎日数分でも続ければそれなりに効果はあるんです。

ウォーキングだと疲れてしまいそうだけど、散歩ならマイペースにできそうだなと思いますよね?

ただし歩くにしても、自分の足に合ったシューズでないと効果も下がってしまいます。

自分の足に合ったランニングシューズをしっかり履いて、足を痛めないよう工夫しましょう。

散歩に効果的な時間

太陽に照らされた緑の木や芝生 [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]効果的な時間はあるのかな?[/voice] [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_7783.jpg” name=”mom” type=”r cf icon_red”]朝散歩がおすすめ♪[/voice]
  1. 朝起きることで、生活リズムが整う
  2. 朝日を浴びることで、セロトニンが活発に
  3. やる気を引き起こし、気分が前向きになる
  4. 朝は人が少ないので、自分の時間に没頭できる

 

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”anco” type=”l cf icon_blue”]早朝だと空気が澄んで、気持ちいいですよ♪[/voice]

まとめ

  • ゆっくり歩くのが散歩
  • 腕を振るなど意識して少し早く歩くのがウォーキング
  • 20分の散歩とウォーキングの消費カロリーは大差ない
  • 朝の散歩は、朝日のセロトニンを浴びて健康になる

私と同じぐらいのアラフォーの皆さんは、何かと体のことが気になる世代ですよね。

健康を考えて運動始めたいけど、ライザップなんてとても無理!と思っているなら、手軽な散歩がおすすめです。

道具もいらないし、すぐ始められるのが散歩の良いところ。

思い立ったが吉日、ぜひできる時に始めましょう。

[relationId head=”合わせて読みたい” postid=”434182,” color=””]