Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/masasan/masayoshi88.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
伊豆|グルメ

伊豆のところてんおすすめなのはどのお店?

伊豆のところてん、おすすめのお店はどこ?

伊豆の綺麗な水で作られるところてんは、新鮮かつ安全でとても美味しい。

おすすめは、南伊豆にある見須(みす)商店。

ところてんといえば酢醤油が定番ですが、南伊豆ではなんと!

ところてんに黒蜜をかけて、甘くして食べます。

しかもきなこをトッピングして、まさかの黒蜜きなこ!

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]これが絶妙にうまい♪[/voice]

今までのところてんのイメージをくつがえす甘味を、南伊豆で楽しみましょう。

伊豆のところてん

伊豆から見た富士山 [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]南伊豆はところてんの産地♪[/voice]
  • ところてんは、天草(てんぐさ)という原料から作られています。
  • 伊豆半島は磯が近いことと、波が荒めということがあって、この天草の品質がとても良い。
  • また伊豆は天草の産地としては、日本一。

なんとこの天草、今でも海女さんが潜ってとっているという貴重なもの。

南伊豆の海の近くをドライブしていると、天日干しされた天草をよく目にすることができます。

天日干しの仕方によっても、まったく違う食感になってしまうので、職人の管理が非常に大切になります。

見須@南伊豆

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]ところてんと黒蜜を一緒にいただけるのが、見須(みす)です♪[/voice]

見須は南伊豆のうみっぺりにあって、そりゃあ新鮮なところてんがいただけるだろっていう感じ。

ちょうど道がカーブしているところにあるので、見落としやすくなっています!

店舗の裏の方には、ひじきを乾燥したり加工する作業場が。

ところてんだけじゃなくて、新鮮なひじきも食べられるんですね!

ところてんと黒蜜きな粉

写真左下は、定番の酢しょう油。青のりがかかって、辛子がついてるのが特徴。

酢しょう油は、自家製とのこと。

写真右下が、黒蜜のところてん。

ところてんが角型なので、どちらかというとあんみつに近い感じですね。

黒蜜と酢醤油、やっぱり両方食べ比べたいということで、両方注文する人が多いそう。

写真の奥にあるのは、マヨネーズオンザひじきです。

黒くてもはや、マヨネーズしか見えないという・・・写真の撮り方よ。

ひじきはなんと、サービスなんですね~サービス精神高いよ。

ところてんと黒蜜のお味は?

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_6604.jpg” name=”mom” type=”r cf icon_red”]デザート感覚ですね、思ってたよりも合う♪[/voice]

酢醤油の食べ方しか知らなかった私は、黒蜜のところてんを食べるっていうだけでも、舌が奥に引っ込んじゃいました。

でも食べてみたら、おぉ意外にイケる!?

酢醤油の時と変わりないのであっさり感はあるけど、黒蜜がしっとり絡んでいて美味しい。

あんみつの寒天に近い感覚ですね、さっぱりとした甘味という感じです。

 

・・・とここで、ある疑問が。

ところてんと寒天って違うの?

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”anco” type=”l cf icon_blue”]ところてんも寒天も見た目は同じだよ♪[/voice]

▼伊豆河童さんのサイトより引用させて頂きます▼

  • ところてんも寒天も同じ原料から作られている
  • 違いは製法が違うということだけ
  • 大きく分けると、まずところてんを作ってから寒天になる
  • ところてんには、海のミネラル分がたくさん含まれている
  • 寒天には、海のミネラルはまったく含まれていない!
  • その分、ところてんには磯の匂いが残る

詳しくは伊豆河童さんのサイトでご確認ください

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”anco” type=”l cf icon_blue”]ところてんを凍らせて乾燥させたものが、寒天だよ♪[/voice]

見須の店内

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]ところてんと黒蜜きなこセットも買えます♪[/voice]

新鮮なひじきや、あおさ(海苔)なども購入できます。

あおさはお味噌汁などに入れても、美味しいですよ~。

そんなに広くない店内ですが、中でイートインできます。

懐かしさを感じさせる店内で、美味しいところてんとひじきを頂いて、伊豆を満喫しちゃいましょう♪

見須のアクセスと営業時間

住所 賀茂郡南伊豆町石廊崎240-1
営業時間 9時~17時

※年中無休

バス 伊豆急下田駅バス「石廊崎灯台」行き、寺坂よりすぐ
その他 禁煙、カード不可

 

見須の口コミ

食べログより、ところてんを食べた方の感想を引用します

そんで出てきたところてん。

黒蜜にきなこ。寒天好きなんだ~。好きだから、寒天はなにもかけなくても、そのままでも平気なんだ。

いい寒天ならそのままでも美味しく食べられるから。

近所に手作り寒天のお店があって、そこの寒天もすごく美味しいけど、こちらのも味が濃くて美味しい。

日本一かどうかはともかく、美味しいことには間違いない。

そんで、女将さんとのんびりお話。

そんなころ、お母上はあおさ海苔とひじきの吟味。価格も手頃というか、安めでありました。

うん。コバンザメが持つよ。と思ったら、送料もつよって女将さんが言ってくださったので、お言葉に甘えて、どっさり購入。すぐに発送するということで、よろしくお願いします。

まとめ

  • ところてんと黒蜜は南伊豆の見須商店で食べられる
  • 黒蜜と酢醤油の食べ比べができる
  • ところてんと黒蜜は、あんみつに近いデザート感覚
  • ひじきも新鮮でマヨネーズをかけて頂くのが南伊豆スタイル
  • あおさなどのお土産品も購入できる
[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]黒蜜と酢醤油、あなたはどっち派?[/voice]