お金をかけずに遊ぶ

【サツキとメイの家】初めて行くなら押さえたい見どころ

本が乱雑に置かれている書斎

愛知県のモリコロパーク内にある、サツキとメイの家。

宮崎駿監督のアニメ映画となりのトトロに出てきた、サツキとメイの家を忠実に再現!

この記事はこんな方におすすめ
  • サツキとメイの家に初めて行く
  • サツキとメイの家の見どころを知りたい
  • 外せないポイントを知りたい
  • サツキとメイの家のお土産を知りたい
娘
入場できるのは30分だけ!

30分しか見られないので、ポイントを知っておかないと、めっちゃ後悔します!

見どころを知っておけば、初めてでもしっかり満喫できますよ♪

サツキとメイの家の入場料

サツキとメイの家への入場料は、下の表のとおりです。

入場料 大人 子供(4歳から中学生以下)
個人 510円 250円
団体(20名以上) 410円 200円

 

娘
安いですね!これなら安心して行けますね
草壁の表札と、奥に赤い屋根の家がある
【サツキとメイの家】当日券の買い方&チケットの事前予約方法まとめサツキとメイの家の、当日券の買い方と事前予約方法をご紹介。当日券は、会場受付所にて購入できます。朝8時半から販売し、売り切れ次第終了。確実に入場したいなら、事前予約がおすすめ。ローソンやミニストップで、予約することが可能です。...

サツキとメイの家に入場できる時間

サツキとメイの家に入場できる時間は、30分間だけ!

完全、入れ替え制です。

娘
私たちが行ったときは、入場者数が50名ぐらい。

2グループに分かれ、外観15分、建物の中15分と交替に観覧しました。

入れ替えの際、大きなトラブルはありませんでした。

皆さんそうですが、あっちもこっちも見たい気持ちがありますね。

でもそこはトトロのファン同士、お互いに融通しあっていたのが印象的でした。

ゼッタイ楽しむためのポイント
  • 30分しかないので事前にどこを見て回るか、決めておきましょう
  • 30分は、あなたが思っているよりあっという間です!
  • しかも、家の中15分、家の外15分しか見られない
  • 写真を撮りたいポイントもみんな同じなので、譲り合いが大切!

サツキとメイの家の注意点

娘
みんなが気持ちよく観られるよう、以下のことは守りましょう♪
サツキとメイの家の注意点
  • 建物の中は写真、動画撮影は禁止
  • ただし建物の外から、家の中を写真撮影することはOK
  • 自分が入場する時間の15分前までには、受付所で観覧受付をしましょう。間に合わないと、無効になります。
  • 敷地内はペットの入場はできません

サツキとメイの家の見どころ

現地で慌てないよう、見どころをしっかり押さえておきましょう。

サツキとメイの家

受付から歩くこと数分。

見えてきたのは、表札に「草壁」と書かれたあの家。

サツキとメイの家にある草壁の表札と家
娘
うわぁ~サツキちゃんとメイちゃんの家だぁ♪

ここは、写真スポットになっていましたね。

家の外観は、映画のように古い感じに作りこまれている。

建物や家具は、エージングが施されていて、あえて古く見えるようにしてある。

玄関に続くアーチも、どこか懐かしさを感じさせますね。

屋根瓦

サツキとメイの家のとと書かれた瓦屋根トトロの「と」って書いてあります。

こんなの、映画の中でありましたっけ?

こんな風に、行ってみるとまだまだ新たな発見があります。

家に帰ってから、あらためて映画「となりのトトロ」を観るという楽しみ方も。

お父さんの書斎

サツキとメイの家にある本など乱雑に置かれた書斎

このお父さんの書斎と、2階は立ち入り禁止でした。

でも書斎は、外から写真を撮ることはOK。

お父さんの書斎は、映画の中でも出てきましたね。

お父さんが頭を悩ませて仕事をしていると、メイちゃんがやってきてお花を机に並べていきます。

娘
お父さん、お花屋さんね
サツキとメイの家のお父さんの書斎

サツキとメイのお父さんは、いったいどんなことを研究していたのでしょう?

書斎に入ることはできませんが、写真のようにかなり近くに寄って観ることができます。

土偶のような置物、ルーペ、筆や「小名浜」と書かれた書物など・・・。

机の上の本や、部屋の中まで見渡してみてください。

きっと、新たな発見があることでしょう。

サツキとメイの家の中

サツキとメイの家の和室に人が立っている

家の中で写真を撮ることはできませんが、こうやって家の外から中を撮るのはOKなんです。

こうやって見ると、草壁さん家は広いなーって感じました。

奥に見える丸いところは、映画初めの方のシーンで、サツキとメイが「あれー?」って顔を出して笑っていましたね♪

台所

サツキとメイの家の台所に立つ女性と水くみをするこども
娘
焦げてるー!

写真のように、井戸や調理器具などに実際に触ることができるのも嬉しいポイントです。

こどもたちだけでなく、大人も夢中になって触っていました。

スタッフさんがいますが、基本的になんでも触ってOK。

ピリピリした感じはなくって、とても穏やかな時間がながれていました。

木の使い込んだような加減だったり、鍋の焦げつきなど、かなりリアルだなぁと思いませんか?

それもそのはず、これらの調理器具類はすべて昭和30年代に、実際の家庭で使われていたものだそうです。

縁側

サツキとメイの家の縁側に座布団が二枚置いてある

引っ越した後、ここに皆で座ってお茶してましたっけね。

廊下など、木の色が薄くなっている様子がまた味があります。

映画で見たあの場面、古き良き日本家屋の美しさに、夢中になってシャッターを押しました。

サツキとメイの家の床下に落ちているどんぐり

見えるかなー?どんぐりが落っこちてるんです♪

息子がかがんだら、どんぐりを見つけました!

細かい演出が嬉しい!

庭と井戸

サツキとメイの家の井戸をこいでいる子供
娘
この井戸はちゃんと水がでたんだよ!

サツキとメイが、一所懸命やってましたよね。

大人もみんなやりたいですよね~。

皆んなやりたくて順番待ちするので、手短にしましょう。

お父さんの自転車

サツキとメイの家の壁際にある黒い自転車と隣に子供

この自転車に3人乗って、お母さんの病院まで行きましたよね!

自転車のサビ具合!サドルの古さ加減といったら!

映画そのものに作りこんであるから、ファンとしては魅了されてしまいます。

時間制限がなかったら、一日中でも見ていたいぐらい。

でも15分しかないので、ちゃっちゃか見ていきましょう!

芽が出るかな?

サツキとメイの家の庭と後ろ姿の男の子

サツキとメイと、トトロたちが夜中にエイッ!てやって、木の芽がぐーんと伸びてきたお庭。

あれは夢だったのか?それとも・・・?

息子も真似してやっていました♪

ランチ情報

モリコロパーク内にお店があるので、そちらでランチできます。

モリコロパーク内にあるお店
  • モスバーガー
  • スガキヤ
  • カフェダイニング旬彩(うどんや定食など)
  • 冬青珈琲店(おにぎりランチ、はちみちソフトなど)
  • 森のカフェテリア(ホッドドッグなど)
  • 森のレストラン(太巻きずし、お子様ランチなど)
  • きしめんの店石渡志
  • 茶室A・O・F(抹茶セットなど)

関連ランキング:ラーメン | 愛・地球博記念公園駅陶磁資料館南駅

お弁当を持って行って、たべることもできます。

モリコロパーク内屋根付きの広場に、テーブルと椅子が何十脚か置いてあります。

また芝生にシートを敷いて、お弁当を食べることもできます。

サツキとメイの家のお土産

サツキとメイの家のお土産は、どんなものがあるのでしょう?

お土産を売っているのは、サツキとメイの家のチケット売り場付近にあるワゴン。

ワゴンは小さいので、それほど多くのお土産品を売っているわけではありませんでした。

トトロのぬいぐるみや、髪止め用のゴムなどをはじめジブリグッズがまあまああるくらい。

基本的にサツキとメイの家がメインなので、お土産はあまり期待しないで行くと良いです。

モリコロパーク

サツキとメイの家は、愛知県のモリコロパーク内にあります。

モリコロパークとは・・・
  • 2005年に開催された「愛・地球博」の跡地にできたパビリオン
  • サツキとメイの家以外にも、様々な施設があり遊ぶことができる
  • 愛・地球博記念館
  • 温水プール
  • アイススケート場
  • 茶室
  • こどものひろば
  • サイクリングコース(レンタルサイクルあり)
  • 大観覧車
  • 野球場(要予約)
  • フットサル場(テニス兼用・要予約)など

サツキとメイの家以外にも、楽しめそうな施設がたくさんあるんですね。

サツキとメイの家を動画でチェック

ぜひ動画でもチェックしてみてください!

この方の動画が、行ったつもりになれてリアルでした。

サツキとメイの家アクセスと営業時間

住所 愛知県長久手市茨ヶ廻間乙1533-1
営業時間 平日 10時~1::30 / 土日祝日 9:30~16:30
TEL 0561-64-1130
休館日
  • 毎週月曜日(月曜祝日の場合、次の平日)
  • 春夏冬休みは月曜日も開館
  • 12/29~1/1休み

 

サツキとメイの家を楽しもう!

サツキとメイの家にあるてるてるぼうずが描かれた手書きのカレンダー
  • サツキとメイの家の観覧時間は30分
  • 外観15分、家の中15分の交替制
  • 時間制限があるので、見たい場所を事前にチェックしよう
  • 家の中で写真はNGだが、外から家の中を撮ることはOK
  • ランチできるお店もある
  • お土産は少な目
  • モリコロパーク内はほかにも遊べる施設がある

こどもだけでなく、大人たちも魅了されること間違いなし。

となりのトトロはもう何年にもわたり全国区なので、まさに老若男女、誰が来ても楽しめる施設といえるでしょう。

そうそう、サツキとメイの家へ行く前に、となりのトトロの映画を見て予習しておくと良いですよ。

そして帰ってきたら、またとなりのトトロを見て復習するとさらに楽しい♪

大人もこどもも童心に返って、となりのトトロの世界観をたっぷりと味わってみてはいかがでしょう♪