Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/masasan/masayoshi88.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
お金をかけずに遊ぶ

【大井川鐵道トーマス号】楽しみ方をブログで詳しく解説!

顔のついたトーマス号ほか3台並んでいる

大井川鐵道のトーマス号、楽しみ方をブログで解説します!

日本だけでなく、世界中で大人気のトーマスとその仲間たち。

そんなトーマスに、実際に乗れてしまう場所が静岡の大井川鐵道。

初めてリアルトーマス号が走っているを見た時は、子供と一緒に感動&大興奮!

リアルなトーマスに乗りこめば、さらに興奮度MAX。

トーマス号@大井川鐵道

トーマス号の前に人々が立って見ている

トーマス号に実際に乗れるのは、静岡県静岡市にある大井川鐵道という線。

アニメで見た、リアルなトーマス号が実際に線路を走るとあって、テレビなどでも特集されるほどの人気。

その人気は全国に広がり、トーマスファンや鉄道ファンがこぞってトーマスに会いに静岡へ来てくれるようになりました。

大井川鐵道とSL

大井川鐵道でもう一つ有名なのが、SL(蒸気機関車)。

日本でSLが走ること自体珍しいことですが、大井川鐵道で現在も走らせることができるのは動態保存をしたおかげなのです。

SLの動態保存とは

“鉄道の動態保存”とは、

技術革新など伴って旧式となり、

姿を消すことになった鉄道車両を、

運用可能な状態で整備・保存する事をいいます。

全国の鉄道から一旦姿を消した蒸気機関車(SL)を、

大井川鐵道では全国に先駆けて動態保存を行ないました。

現在でも4両のSLが日常の運用で使用され、

ほぼ毎日運行を行ない活躍を続けています。

(大井川鐵道サイトより引用)

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]SLも現役で走っているんですね![/voice]

大井川鐵道の新金谷駅

トーマス号に乗れるのは、大井川鐵道の「新金谷駅」から「千頭駅」までの区間。

お車で来る方、安心してください。

新金谷駅には、有料駐車場があります。

新金谷駅まで車で来て駐車場へ停めて、トーマス号に乗って千頭駅へ。

また千頭駅から新金谷駅まで往復する、ということもできます。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]車でも来れるんだ[/voice]

新金谷駅でトーマス号を待つ

青色のレールと緑の山などプラレールで遊ぶ子供 [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]トーマス号を待つ間、新金谷駅のプラザロコが楽しいよ♪[/voice]

トーマス号は時間が決まっているので、発車するまで退屈しないようプラザロコで遊びましょう。

写真のようなプラレールが置いてあり実際に遊べるので、こどもたちが基礎って遊べます。

お土産品も、このプラザロコで買うことができます。

帰りに買っても良いですが、新金谷駅に戻ってくる時間によっては閉まってしまうので注意。

行きの終点、千頭駅でもお土産などは買うことができます!

大井川鐵道のトーマス号を撮る

トーマスの顔をした列車が線路にいて煙をあげている [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]キタキタ――(゚∀゚)――!!トーマス!!トーマス!![/voice]

あの顔で実際に走っている姿を見ると、かなり感動します。

お子さんだけでなく、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんも大興奮!

駅のすぐ近くは、シャッターチャンスのスポットです。

トーマス号の前に立ち写真を撮る女性 [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]手を伸ばせば、そこにトーマスが![/voice]

もうテレビアニメのまんまです。

大井川鐵道のトーマス号に乗る

電車の中にトーマスのフラッグやシートがある [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]電車内はトーマス仕様♪[/voice]

シートにかけられた、トーマスのイラストも可愛い♪

このトーマス号をよく見ると、網棚があったり窓が手動だったりと、どこか懐かしい感じが。

昔使われていた古い電車を再利用し、トーマス号として再出発しているんですね。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]ちなみに夏はめちゃ暑いです![/voice]

写真上の方に、扇風機が見えますね。

なんと冷房がない!

窓全開で走るので、外からの風がとても気持ち良いのですが、トンネルの中はじとっとします(;´∀`)。

窓の外に見えるのは、静岡県島田市から川根本町へと続く、のんびり田舎な風景。

田んぼや山があり、お茶畑があり。

昔から変わらない、静岡の古き良き風景がそこにあります。

乗車途中には、職員さんが記念写真を撮ってくれたり(有料で購入可)、ハーモニカ演奏で楽しませてくれるサービスも。

車内販売もあるので、飲み物など購入する際は利用しましょう。

トーマス号で千頭駅到着

トーマス他2台の顔のついた電車とその前に立つ人々

終点の千頭駅では、トーマスフェアが開催されています。

私たちが行ったのは夏でしたが、ご覧のようにトーマス・ヒロ・ジェームスの3体が並んでいる姿は圧巻!

ここは記念撮影のスポットでしたね。

3台のトーマス電車の前でにぎわう人々

いつもは静かなこの千頭駅も、トーマス号が走る期間は、県内外からたくさんの人でにぎわいます。

夏だけでなく、クリスマスシーズンにも特別運転期間があります。

トーマス号の乗車券

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]乗車券はローソンチケットで販売[/voice]

大人気なので、乗車券は抽選予約という形になります。

[btn class=”big lightning”]乗車券を予約する[/btn]

※万が一抽選にもれても、乗車日の直前にキャンセルがでる可能性があります。

▼詳しくは下記サイトをご覧ください▼

[btn class=”big lightning”]キャンセルについて見る[/btn]

大井川鐵道トーマス号の時刻表

トーマス号が運行される時刻は決まっています。

大井川鐵道公式ホームページで、時刻表を確認しておきましょう。

[btn class=”big lightning”]トーマス号の時刻表をみる[/btn]

トーマス号は「新金谷駅」から「千頭駅」までノンストップで走り、途中停車しないので注意!

「新金谷駅」から「千頭駅」までは、約1時間20分ぐらいかかります(片道)。

 

まとめ

  • 静岡県島田市にある新金谷駅からトーマス号に乗れる
  • 新金谷駅から千頭駅まで約1時間20分の旅
  • リアルなトーマス号は皆に人気
  • 千頭駅ではトーマスフェアが開催
  • 新金谷駅または千頭駅でお土産を購入できる

大井川鐵道のホームページもチェックしてみてください!

[btn class=”big lightning”]大井川鐵道のサイトへ[/btn] [relationId head=”合わせて読みたい” postid=”3603,412″ color=””]