ライフスタイル

子供の入院付き添いでストレスをためない5つの方法

いたいのいたいのとんでいけと描かれたハート
子供が入院になって、付き添ってるけどストレスたまるんだよなぁ。同部屋の子がうるさかったり、気を遣うんだよ。巡回で看護師さんもよく入ってくるから落ち着かないし。なんかいい対処法ないかなぁ?

 

そんなあなたの悩みを解決します。

 

この記事の内容

 

  • 子供の入院付き添いでストレスをためない5つの方法
  • 子供の入院付き添いにあるとストレス解消になるもの
  • 入院付き添いでストレスためすぎずに子供を守ろう

 

 

この記事を書いている私は、娘と息子が大病にかかり入院した経験があります。四人部屋になると周りに気を使いストレスがたまりました。

 

病院という閉鎖的な環境であるがゆえに、ストレスもたまりやすいですよね。

 

うまくストレスを発散させて、お子さんの治療に専念できるようにしましょう。

 

それでは紹介します。

子供の入院付き添いでストレスをためない5つの方法

子供の入院付き添いでストレスをためない5つの方法

子供の入院付き添いでストレスをためないためにできる5つの方法は、以下の通りです。

 

  1. 子供の入院同部屋の人と交流する
  2. 愚痴を話せる人を見つける
  3. 子供が入院した病棟の看護師さんと仲良くなる
  4. 付き添い時間の合間で体を休める
  5. 付き添いを変われる人を見つける

 

たまりやすいストレス要因とともに、順に紹介します。

 

子供の入院同部屋の人と交流する

四人部屋などの場合は、カーテンだけで仕切られていることが多く、音や声が聞こえてしまうというストレス要因があります。

 

ずっと同じ空間で過ごすのでお互い気を遣いますし、ちょっとしたことがものすごいストレスになりますよね。

 

交流のない人だと不安も増して、余計にストレスがかかります。

 

子供を通して話しかけたり、ゲームを一緒にやるなど交流ができると良いでしょう。

 

少しでも話すなど交流していると、不安が軽減されて相手のことが理解できるようになります。

 

子供が入院したストレスや付き添いの愚痴を話せる人を見つける

子供が入院中の付き添いは、行動も制限されるのでかなりストレスがかかります。

 

一人で抱えて悶々としているより、愚痴を言って嫌な気分を発散させることが大切です。

 

ご家族や友人でも良いですし、同部屋の親御さんであればお互いに大変なところを知っているので話しやすいでしょう。

 

また病院職員に対してストレスがたまる場合もあるので、場合によっては相談できる部署に行って話をすることも必要です。

 

子供が入院した病棟の看護師さんと仲良くなる

子供が入院すると、医師や看護師ら医療職との関係が大切になります。

 

中でも看護師は、毎日処置などで接する機会が多く関係性が深くなります。

 

通常は担当の看護師がついて子供に処置をするので、担当看護師と仲良くなっておくことも必要です。

 

友だちのようになる必要はありませんが、お互いに信頼してなんでも言い合える関係になれば最高です。

 

親から医師には直接言いづらいことでも、看護師を通して言ってもらうこともできます。

 

また他の看護師のことで気になることがあれば、担当看護師に相談してチームで検討してもらうこともできます。

 

付き添い時間の合間で体を休める

子供が入院して付添うと、親への配慮はないことが分かります。

 

食事はいつ食べたらいいの?トイレに行ってる間誰かみててくれる?お風呂も入りに行きたいけど・・・ソファしかないけどここで寝るのかな?

 

基本的に入院中の付き添いは、ずっと続きます。

 

そのため食事やトイレ、お風呂に入りに行くのは合間をみつけてさっといくしかありません。

 

病院によっては夜になるとコンビニも近くになくなり、飲み水に困る場合などがあるので持参しておくと良いです。

 

また親が寝る場所も確保されていないところが多く、ソファや簡易ベッドの貸し出しなどしている病院があります。

 

夜でも巡回で看護師が入ってきて、点滴など管理していくので落ち着かず眠れないという方もいるでしょう。

 

とにかく合間を見つけて、少しでも体を休める。これにつきます。

 

付き添いを変われる人を見つける

前述したように、付き添い中はなかなか自分のしたいこともできない環境にあります。

 

そのためご家族など変われる人を見つけておくことが大切です。

 

ちょっと見ててもらっている間に売店へ行って食事を済ませたり、シャワーを浴びてきたり。

 

あなた一人だけでは時間が制約されて大変なので、代わりにお子さんを見てくれる人を見つけておきましょう。

 

子供の入院付き添いにあるとストレス解消になるもの

入院の付き添いは、とても長く長く感じます。

 

ただ隣に付添っているだけで、ストレスフルになりがり。

 

そのため少しでもストレス解消になるようなものを準備しておくと良いでしょう。

 

食事や飲み物

子供が入院付き添いストレス

当然、親には食事や飲み物は用意されません。

 

ゆっくり食事をしている時間もないので、サッと食べられるものをあらかじめ準備しておくと良いです。

 

パンや栄養補助食品など、鞄から取り出してすぐ食べられるものが良いでしょう。

 

おにぎりなど温めたくても、病棟に電子レンジがない場合もあるので確認しておきましょう。

 

雑誌や本

治療をしていると体がだるく、ベッドで静養する子供も少なくありません。

 

例えば好きなディズニーの雑誌を用意しておけば、ベッドで横になっていても読めますよね。

 

病気を治してディズニーランドへ行くんだ!という、夢を与える時間にもなります。

 

付録つきの雑誌だと、一緒に遊んで暇つぶしにもなるのでさらに良いです。

 

 

入院中の子供たちに人気のポータブルゲーム機

ニンテンドースイッチや3DSなど、ポータブルゲーム機を持ってきている子供たちがけっこう多かったです。

 

スイッチなどなら、体がだるくて起きれないけど横になっていてもゲームすることができます。

 

また病棟の他の子供たちと、通信して遊ぶこともできていました。

 

点滴をつないでいてもできるので、かなり便利なポータブルゲーム機はあると良いでしょう。

 

ポータブルDVD

ポータブルのDVDプレイヤーがあれば、病室でも気軽に好きなDVDが見られます。

 

病院でテレビを見ると、テレビカードが必要になったりと料金がかかるのでポータブルDVDを持ち込むと良いです。

 

四人部屋の方は、イヤホンをお忘れなく!

 

勉強のドリル

頑張って学校に戻るために、勉強をするのも子供たちの励みになります。

 

漢字や算数ドリルなどで勉強して、元気になって学校へ通う日に備えておくのも大切です。

 

学校でプリントが出ていればそれをやって、先生から○をもらったのを見るとやる気にもつながります。

 

子供が入院している病院によっては、病児のための学校があるところもあります。

 

入院の付き添いにはクッションが必要

入院の付き添いでは、よくある丸椅子などが用意されています。

 

でも丸椅子に長時間座っていると、めちゃめちゃお尻が痛くなります。

 

お尻いたぁぁーい

 

低反発のクッションなど使って、お尻や体が痛くならないよう工夫しましょう。

 

入院付き添いでストレスためすぎずに子供を守ろう

 入院付き添いでストレスためすぎずに子供を守ろう

子供が入院となり、付き添いの親はかなりストレスフルとなります。

 

しかし、一番辛いのは子供です。

 

子供たちが痛くて辛い治療を頑張るには、親も元気でいないといけません。

 

親だけでなく子供のストレスもすごいので、しっかり発散させてあげましょう。

 

具体的には、病棟にプレイルームがあればそこで遊んだり体を動かしたりして活用すると良いでしょう。

 

元気になって、外出したり自宅に外泊などできればさらに良いですね。

 

子供たちは自宅と違う環境に大きなストレスを感じています。

 

「家には帰れないから、ずっとお母さんに付き添っていて欲しい。」

 

それが子供たちの、切なる思いです。

 

親自身が元気でいられるよう、体調管理を整えて、休める時に体を休めましょうね!