お金をかけずに遊ぶ

【石部の棚田@西伊豆】幻想的なライトアップに酔いしれる

棚田が広がり奥には山と海が見える

石部の棚田は、西伊豆松崎町にある有名なスポット。

東日本では珍しいという、石積みの棚田の光景はまさに圧巻。

何百年という歴史ある棚田は、大災害に見舞われるなど跡形もなく崩れ落ちた時もありました。

しかし、住民の方をはじめとしたみなさんの尽力によって再生。

眼下には駿河湾を一望でき、晴れた日には富士山を拝むこともできます。

期間限定でライトアップもあり、その幻想的な雰囲気に酔いしれます。

死ぬまでに一度は訪れたい、石部の棚田をご紹介します。

石部の棚田

石部の棚田を上部から見た光景 [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]まさに圧巻の光景![/voice]

見事なまでに、綺麗な棚田が広がっています。

眼下にみえるは、岩地の街並みと駿河湾を一望。

標高120から250mの位置にあるので、眺めが良いのが特徴です。

棚田とは、傾斜地に階段状をなしているのが特徴。

畦畔(けいはん=あぜ)をつけてひらかれた、小さい区間の水田のことを言います。

田舎らしい、日本の良き光景の一つですね。

石部の棚田の歴史

棚田は、簡単に作られるものではありません。

長い歴史をかけて、積み重ねられた大変貴重なもの。

石部の棚田も例外ではなく、何百年もかけて築かれました。

江戸時代に起きた津波によって、棚田が崩壊してしまいます。

もう跡形もなく崩れ落ちてしまい、当時の住民の方々は肩を落としたことでしょう。

しかしそれからまた住民の方々が頑張って作り直して、今日の姿につながるのです。

昭和30年代には、棚田の枚数は千枚、およそ10haの広さもあったそう。

平成12年まで耕作放棄されていましたが、再び棚田を作り直そうと住民の皆さんが立ち上がります。

棚田の保全活動を始めたことで、地域住民だけでなく外部の方々も石部の棚田を訪れるように。

平成14年には水車小屋や農道の整備を行い、また棚田のオーナー制度をスタートさせます。

平成22年には、第16回の全国棚田(千枚田)サミットが開催されるまでに。

再生を繰り返して、作り上げた現在の姿。

イベントの田植祭や収穫祭などでは、一日に300から400人が訪れるほどの人気観光スポットとなっています。

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]住民の方々の根強い頑張りが身を結んだのですね[/voice]

石部の棚田の特徴

海や山など石部の棚田周辺の光景

石部の棚田は、元は火山の裾野にあった棚田でした。

火山によって、今のような緩やかな斜面が作られたそう。

そして地下水がとても豊富で、棚田の水源として活用されています。

良い土、良い水だからこそ、美味しい作物が採れんですね!

以前は枯れ果てていましたが、棚田を再利用することで、地滑りなどが防げる効果もあるんだそうです。

石部の棚田の大きな特徴は、東日本でも珍しい石積みの棚田ということ。

石部の地が良質な石が手に入りやすいということもあって、この形になったとか。

石部の棚田ライトアップ

石部の棚田では、期間限定でライトアップを行っています。

一度訪れたら、その幻想的な雰囲気に感動すること間違いなし。

昼間とは全く違う、夜の棚田の顔を動画でどうぞ♪

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]これは感動しますね![/voice]

石部は昔、石火(いしび)と呼ばれ、岩に神が宿るとして火を燃して海上交通の目印とするなど、火に縁のある地区でした。

(石部ヘ行こうよサイトより引用)

火に縁があることを、ライトアップという形で現代にまた呼び起こす。

住民の方々の粋な計らいが、とても素晴らしいですよね!

 

View this post on Instagram

 

🌄✨✨✨✨✨✨ ☆ 「石部の灯り」 . . 伊豆 松崎町 石部の棚田の夕景です✨ . . 山の向こう側には駿河湾が見えます。 江戸時代から受け継がれる棚田の畦道には1500個のキャンドルが灯されて、幻想的なひとときを過ごせました😊 . . 静岡県松崎町にて ☆ #bestjapanpics #icu_japan #super_shadow_channel #ig_japan #IG_PHOS #igs_asia #globalcapture #lovers_nippon #team_jp_ #wonderful_places #master_shots #gf_japan #insta_worldz #photo_jpn #special_spot_legend #worldcaptures #wu_asia #wu_japan #wp_japan #Japan_Daytime_View #tokyocameraclub #worldmastershotz_nature #amazing_fs #キタムラ写真投稿 #棚田 #石部の棚田 #石部 #松崎町 #伊豆

Satoshi / 富士山フォトギャラリー富嶽変幻さん(@fugaku_hengen)がシェアした投稿 –

▼ライトアップ実施期間は、サイトで確認してください▼

[btn class=”big lightning”]ライトアップの期間を確認[/btn]

石部の棚田を管理する人たち

[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]この素晴らしい環境を残そうと頑張っている人たちがいます[/voice]

地元の松崎町石部地区棚田保全推進委員会の皆さんをはじめ、石部地区の有志の方々中心に頑張ってらっしゃいます。

有志の中には、名人がたくさんいるんだそう。

  • 米作り名人
  • 野菜作り名人
  • 萱葺(かやぶき)名人
  • 郷土料理名人

またNPO法人棚田ネットワークや、学生ボランティアの参加もあります。

  • 富士常葉大学の学生ボランティア
  • 県立松崎高校
  • 県立東部特別支援学校
  • 地元松崎小学校の生徒や保護者(棚田百笑くらぶ)
[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]地元の方々が高齢化している中、こうしたボランティアの存在が貴重なんだそう[/voice]

高齢化などを理由に引退をする方がいる中、人材の確保が急務とされています。

石部の棚田では、ボランティアの募集も行っています。

一緒に棚田の農作業を行ってくれる、守りびと(いしび隊)というボランティアを募集中。

条件によって、有償・無償となります。

詳しくは、石部の棚田公式サイトでご確認ください。

この素晴らしい棚田を後世に残すため、若い世代の参加が期待されているんですね。

石部の棚田のオーナーになろう

石部の棚田に渡り橋がかけられている [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]石部の棚田ではオーナーを募集しています[/voice]

こんな素晴らしい環境で、農作業してみたいなと思ったあなた。

石部の棚田では、棚田のオーナーになれるオーナー制度があります。

年会費はかかりますが、実際に水田で米作りを体験できます。

ちょっと遠方で行くことは難しいという方は、支援だけ行うトラスト会員がおすすめです。

オーナー会員の募集要綱

応募資格 個人・家族・団体問わない
募集区画 100組(1組あたり30坪)
年会費 1組あたり、35,000円
備考
  • オーナー期間は1年間ですが、更新は可能です

トラスト会員の募集要綱

トラスト会員は、基本的にお金による支援です。

1口につき、5kgの棚田米を精米して送ってくれます。

もちろん希望があれば、田植えや稲刈りをすることもOK!

応募資格 個人・家族・団体問わない
年会費 1組あたり、10,000円
備考
  • オーナー期間は1年間
  • 会費納入すれば継続は可能
[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]自分の棚田がもてるなんて、ワクワクしますね[/voice]

石部の棚田へのアクセス

[aside type=”normal”]
  • 石部の棚田展望台には駐車場があります
  • 車で行く場合は、石部の棚田展望台を目指しましょう
  • 石部の棚田に行くには細い農道を通ります
  • 農道はすれ違い困難な場所もあります
  • 地元車優先で、迷惑がかからないようにしましょう[/aside]
石部の棚田から見える岩地の海 [voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]石部の棚田眼下には岩地の海があります[/voice]

東洋のコートダジュールと称される、岩地の海。

こちらも海の青さがまぶしく、夏は多くの海水浴客でにぎわうスポット。

石部の棚田で農作業をして、岩地の海で泳いで。

西伊豆を満喫できそうな旅に、ワクワク期待感が高まります♪

石部の棚田に訪れよう

  • 何百年という歴史ある棚田
  • 大災害に見舞われたが、住民が頑張って再生を繰り返した
  • 放棄されていた土地を住民が再生
  • 多くのボランティアも参加して、棚田を残そうと頑張っている
  • 棚田からは西伊豆の絶景が望める
  • 石部の棚田のオーナーにもなれる
[voice icon=”https://masayoshi88.com/wp-content/uploads/2018/02/IMG_5182.jpg” name=”papa” type=”l cf icon_blue”]西伊豆行くならぜひ訪れたいスポット[/voice]

訪れるだけでなく、畑仕事の体験もできるという魅力もある石部の棚田。

これからもずっとずっと、西伊豆の原風景として後世に引き継いでいってほしいですね。