HSP

HSPがHSCを子育てするのは疲れる?疲れないためのヒントを紹介

HSPがHSCを子育て
HSCの親
HSCの親
HSCの子育てって疲れるよね?私も敏感だから、子供はもっと神経質になっちゃうんじゃないかな?考えたら不安が止まらない…

そんな悩みにお答えします。

この記事の内容

  • HSPがするHSCの子育てについて
  • HSPがHSCの子育てで疲れないために
papa
papa
強度HSPで、HSCの息子を持つソフィアパパです。

自分がHSPだと生きるのに精一杯ですよね。

それに加えて自分の子供がHSCだとわかったら、一体どうしたらいいの?って不安になりってしまいますね。

でもお互いに同じ気質を持っているからこそ、親として子供の理解がしやすいというメリットがあります。

まだきちんと言葉にできない子供の思いを汲めると、親子関係がグッと良くなり、子育てしやすくなりますよ。

そしてあなた自身が疲れないためには、自己肯定感を育んだり、他人を気にせずマイペースで生きることが大切です。

HSPがHSCを子育てすると疲れる?

HSPがHSCを子育てしたらどうなる?
papa
papa
HSPとHSCって名称は違いますが、繊細さんであることは同じです。

どちらも人一倍敏感な気質を持っています。

HSPの親だからHSCになったのか、それは分かりません。

でも親子で同じ気質だからこそ、余計に分かりあえるってことがあります。

同じ悩みで苦しんだり傷ついたりするんですよね。

二人とも生まれつきだと理解する

papa
papa
人一倍敏感なHSPは、生まれてから身に着けたものではなくて、生まれつきもっている気質ですよね。
だからしつけで直そうと思っても、基本治らないです。そのことを理解しているだけでも全然違いますよね。
HSCの親
HSCの親
今日の料理の臭いがダメで食べられないとか言ってる!なんてわがままなの!

これも、HSCを知っていれば臭いに敏感なんだって分かりますよね。

HSCを知らない親であれば、「単なるわがままだ。なんとかして直さなきゃ。」って必死になるでしょう。

HSCに理解があれば、気質だから直せないってことを知っているから、ムリなことはしません。

HSCとは?について、こちらの記事で特徴やチェックリスト、相談機関など詳しく紹介しています。どうぞご覧ください。

【分かりやすい】HSCとは?4つの性質や相談機関などくわしく紹介
【分かりやすい】HSCとは?4つの性質や相談機関などくわしく紹介【分かりやすい】HSCとは?4つの性質や相談機関などくわしく紹介します。基本的なHSCの特徴やチェックリストを紹介。また困ったときに相談できる医療機関や学校へ普通に通えるの?などの不安を解消できるポイントも、経験談から紹介しています。HSCを詳しく知りたい方は必見です。...

そうは言っても怒っちゃう

papa
papa
でもHSCだって分かっていても、人間だからついつい怒っちゃいますよね?
HSCの親
HSCの親
いつまでやってるの?早くやりなさい!

HSCのこだわりの部分を理解していたら、そういう言い方はよくないっていうの分かっているんですけどね。

親だって人間です。HSPでありHSCを理解していたとしても、ついついイラっとすることだってありますよね。

心療内科医の明橋先生曰く、怒るのは親として一所懸命子供に関わっている証拠だと言います。

私のようになってほしくないから、こんなふうにやっちゃだめだよ。そんな感じで、子供を見ていると、ついつい先に手が出て口が出てしまうんですよね。

一所懸命だからこそ怒る。この言葉を聞いてホッとする方も多いんじゃないでしょうか。

子育てに疲れている方は、「HSCの子は育てにくい?心の余裕が生まれる3つのポイント【簡単】」こちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

HSCの子は育てにくい?心の余裕が生まれる3つのポイント
HSCの子は育てにくい?心の余裕が生まれる3つのポイント【簡単】HSCの子は育てにくい?心の余裕が生まれる3つのポイントを解説。繊細であるがゆえに育てにくさを感じてしまいますよね。でも他人の子だってちょっと変わっています。大切なのはHSCの子を育てると言う覚悟を持つこと。そして自己肯定感を育んでいくことで、育てにくさがフッと軽くなります。HSCが育てにくいと感じている親御さんへ向けて書いています。...

家族にも協力を求めよう

だからこそ大事になってくるのは、ほかの家族の存在です。

papa
papa
頑張って育児しているけど、時々自分に余裕がなくなってイライラしちゃう。だから、あなたにも手伝って欲しいって協力を求めましょう。

HSCに理解がないなら、話をして理解してもらう必要があります。

HSCの親
HSCの親
一つのことに集中するとなかなかやめてくれないから、自分でいつやめるか時間を決めさせると良いよ。

そんな感じで、具体的にこういう時はこうするといいってことを伝えると、相手も分かりやすいですよね。

HSCの子ってこんなに気をつかうんだ。毎日よくやっているよね!って褒めてもらえるのではないでしょうか。

HSCはワガママだと言われて悩んでいる方は、「HSCはわがまま?大人になったらどんな風になる?治すことはできる?」こちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

HSCはわがまま?大人になったらどんな風になる?治すことはできる?
HSCはわがまま?大人になったらどんな風になる?治すことはできる?HSCはわがまま?大人になったらどんな風になる?治すことはできる?HSCは気質なので、生まれ持ったものですし治るものでもありません。大人になったとしても治療して良くなるものではありません。大切なのは親の理解。自己肯定感を高められるようにしてあげると良いでしょう。...

HSPがHSCの子育てで疲れないために

HSPがHSCを子育てしたらどうなる?

HSPがHSCを育てるのって大変?って聞かれます。でも逆にHSCのことを身をもってよく分かっているからこそ、寄り添えますよね。

まだ小さくて言葉にならなくても、どういう思いか理解することができます。

例えばおかずをご飯に乗せるのが嫌だって言ったら、ご飯に臭いがついちゃうから嫌なんだなって理解できますよね。

そういう感じで、HSPだからこそ理解しやすいことってたくさんあります。

子供の理解がしやすい

当然ですが、HSPでない親御さんの場合、HSCが何か?ということから学ばなければいけません。

そこには容易に理解できるものと、これって本当なの?って理解できにくいものとあるでしょう。

例えば洗濯物を畳んでいる時に、横から手伝ってあげると怒るとかです。
HSCの子は本人のペースで自分でやりたいんですよね。
その理解がないと、なんで手伝ってるのに怒られなきゃいけないのよ!って逆ギレしてしまいます。

HSPの親は自身の経験を通して、HSCがどんなことに繊細なのかが手に取るようにわかります。

だから言葉が足りなくても子供のことを分かってあげやすいというメリットがあるんですよね。

HSPさん
HSPさん
そっか、確かに繊細同士だから分かり合えることってありますね。

自己肯定感を育てよう

papa
papa
私が大事だなぁと思うのは、自己肯定感を育てるということです。

HSPさんって自己肯定感が低いことに悩んでいる方が多いですよね。

自分は人と違う、人より劣っているという思いを抱きやすいです。

育った環境により、きちんと自己肯定感が育たなかった場合もあります。

HSCの子も同じで、変わり者扱いされたり、皆と同じようにすることを強要されたりします。

お悩みHSPさん
お悩みHSPさん
そうすると、私はこれじゃいけないのかなって思いますよね。
papa
papa
だからありのままの君でいいんだよって、背中を押してあげることが大切。

HSCは一生背負っていくものだから、人より繊細であることを肯定して生きていけるよう見守っていって欲しいです。

あなたが自己肯定感のことで悩んでいるなら、「HSPが自己肯定感を高める3つの方法|ありのままの自分を生きよう」こちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

HSPが自己肯定感を高める3つの方法
HSPが自己肯定感を高める3つの方法|ありのままの自分を生きようHSPが自己肯定感を高める3つの方法を紹介。他人の目を気にして自信を無くしがちなHSPさん。自分の安全を確保することで、自己肯定感が下がりすぎることをセーブできます。HSPは気質だから工夫が必要。あなたがあなたらしく生きるためのヒントを紹介します。...

マイペースにいこう

HSCの子だと一つのことに時間がかかりやすいですよね。

小学校に行き始めると、周りの子と同じように対応することを求められることが多くなります。

そうすると他の子と比較して、家の子は遅いからもっと早くさせなくちゃと思います。

papa
papa
でもそれってHSCの子にとっては、ストレスですよね。
お悩みHSPさん
お悩みHSPさん
どうすればいいんですか?

学校に通っているとなかなか難しいですが、他の子と比較するのはやめましょう。

HSCの子は比較すると、もっともっとと子供を追い込んでしまいかねません。

それよりもHSCならではのメリットってたくさんあるってことに着目した方がお互いにストレスになりにくいです。

HSCだから、自然の美しさに感動できるとか、他人に流されず一つひとつこだわりをもって丁寧に対応できるとかです。

HSCだから他の子より劣ってるわけではなくて、HSCだから持つ良さを伸ばしていけると気楽に感じられるのではないでしょうか。

誰かに相談したいとき、相談できる医療機関があります。こちらの記事に詳しく紹介しているので、ご覧ください。

HSCはどこで相談できる?医療機関からカウンセリングまで紹介
HSCはどこで相談できる?医療機関からカウンセリングまで紹介HSCに対応できる相談機関はどこにあるの?HSCを相談できる機関はまだまだ少ないです。ですが全国に3箇所医療機関がありますし、親の会やカウンセリングなど探すことができます。HSCの子は親を頼りにしています。あなたが元気でいるためにも、適切な相談機関を利用しましょう。...

HSPの親はHSCの良き理解者

繊細さんが繊細さんの子育てをするって、大変だなって思います。

でも非繊細さんには理解できないことも分かるという点では、HSPの親はHSCの子の一番良き理解者になりうるんですよね。

アーロン博士が言ってましたね。「人と違う子を育てるなら、人と違う親になる覚悟を持て」って。

繊細であるがゆえの生きづらさに苦しむのではなくて、繊細であることを活かして伸び伸びと子育てができるように余裕を持っていけると良いですね。

最大2ヶ月無料ひかりTV

※無料&割引キャンペーン
今なら新規申し込みの方に限り、月額料金が最大2ヵ月無料&AmazonFireTVstick無料プレゼント実施中。さらにチューナーが最大82%割引になるキャンペーンは期間限定なのでお申し込みはお早めにどうぞ。

ひかりTVを見る

コメントを残す