オピニオン

眠れないまま朝…毎日学校や会社が辛いあなたが今日できる5つの行動

眠れないまま朝…
眠れないまま朝になった…毎日学校行くのが憂鬱だな。ぐっすり眠って、スッキリして朝を迎えたいよなぁ。今日一日、体力持つかなぁ…。

この記事では、眠れないまま朝を迎えたあなたに、毎日学校や会社が辛いあなたが今日できる5つの行動を紹介します。

papa
papa
不眠からうつ病になったこともあるソフィアパパです。

夜中にふと目が覚めてしまって、なんとなく眠れなくて朝を迎える・・・。眠った気がしなくて、勉強や仕事などに影響してしまいますよね。

ぐっすりと朝まで眠ることができたら、体の疲れもとれて頭もスッキリできます。

  • 朝までぐっすりと眠りたい
  • 夜、何度か目が覚めてしまうのを何とかしたい
  • 眠りが浅くて、眠った気がしない

ぐっすり眠ることは、私たちの健康と密接に関わります。毎日を生き生きと過ごせるために、今日すぐできる簡単5つのポイントをご紹介します。

眠れないまま朝を迎えないための5つの行動

ここでは、ぐっすり眠るためにできる5つの行動を紹介します。

より質の高い睡眠をとるために、また朝までぐっすりと眠るために、何をしたらよいでしょう?

papa
papa
私自身、長いあいだ睡眠で悩まされてきました。自分の実体験をもとに良かった方法をご紹介します

  • 夜ふとした時に目覚めしまい眠れなくなる
  • 寝つきが悪くて、2時間以上眠れない
  • バイクの音などで目覚めしまいそれから眠れない
  • 横になってはいるけどあまりぐっすり眠れていない
  • ぐっすり眠れていないので朝は頭がボーっとしている
  • 日中もなんとなく頭がボーッとして体の疲れも抜けない

同じような症状に悩まされている方は、あなたができそうなことを試しにやってみてください。

朝までぐっすり眠れない症状が、少しでも改善されますように!

食事の時間に気をつける

眠れないまま朝…毎日学校や会社が辛いあなたが今日できる5つの行動
papa
papa
食事のとりかた、中でも夕食をいつ食べたかは、あなたの睡眠に大きな影響を与えます。
食事を終えてから胃腸の働きが落ち着くまでに、どれぐらい時間がかかるかご存知ですか?中外製薬の公式サイトによると、大体、食後3~5時間もかかるんです。

なので胃腸を落ち着かせるために、眠る3~4時間前までに食事を済ませておくことがベストです。

食べてからすぐ眠るという習慣だと、夜目が覚めやすくなったりぐっすり眠れなくなったりします。

眠っている間は、胃腸の運動能力が下がるんです。そのため食べ物が残ってると、消化不良で眠れなくなってしまうんですね。

そうは言っても、仕事で帰りが遅いしなぁ・・・
papa
papa
もしも帰りが遅くて眠る3~4時間前までに食べるのが難しいなら、夕食は軽めにするなど工夫すると良いでしょう。

朝と昼食をがっつり食べて夕食はご飯などの炭水化物や油ものを控えるなど、色々工夫はできますね。

夕食の内容を気をつける

眠れないまま朝…毎日学校や会社が辛いあなたが今日できる5つの行動

夕食メニューの内容についても、気をつけましょう。脂肪分が多い食事内容だと、消化するのに長時間かかってしまいます。

papa
papa
夕食に油ものガッツリ食べたいという気持も分かるのですが、それが朝までぐっすり眠れなくなってしまう要因なんです。

  • 天ぷら
  • トンカツ
  • ハンバーガー
  • フライドポテト

脂肪分の多いものはできるだけ控えることで、朝までぐっすりと眠れるようになります。

食べてはいけないわけではなくて、脂肪分の食事を食べ過ぎると眠りの質が悪くなってしまうんですよね。

朝までゆっくり眠りたいのであれば、夕食の内容を見直すことをお勧めします。

少食に興味がある方は、こちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

少食で人生変わった
少食で人生変わった|7つのメリットと今日から実践できるメニューを紹介少食で人生変わった|7つのメリットと今日から実践できるメニューを紹介。少食を続けると、寝つきがよくなる、朝の目覚めが良い、体のだるさもないなどのメリットを実感します。少食のメリットを知りたいあなたは必見です。...

適度に間食をとろう

眠れないまま朝…毎日学校や会社が辛いあなたが今日できる5つの行動

やっと仕事が終わると、開放感でいっぱい!夕食は美味しいものをお腹いっぱい食べたい、という気持ちになりますよね。

でも眠る前に食べ過ぎると、朝までぐっすり眠れなくなってしまいます。

仕事で忙しくて、お昼から何も口にしていなんてことはありませんか?そうするとお腹が空きすぎて、ついつい夕食をたべ過ぎてしまいかねません。

papa
papa
質の高い睡眠をとるためには、昼と夕食の間に適度に間食をとることをおすすめします。間食をとることで空腹感がおさまり、夕食時の食べ過ぎを防ぐことが期待できます。

ちょっと小腹が空いたときは、ウィダーインゼリーなど口にすると良いですね。

 

カフェインを摂らない

眠れないまま朝…毎日学校や会社が辛いあなたが今日できる5つの行動

カフェインを摂りすぎると、ぐっすり眠れなくなるのはあまりにも有名ですね。

一般的にカフェインと言うと、コーヒーや紅茶に多く含まれるというイメージが強いです。でもそれ以外にも意外と含まれているものがあります。

カフェインの入っている飲物
  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • ココア
  • コーラなどの炭酸飲料
  • 栄養ドリンク

カフェインはコーヒーや紅茶だけでなく、緑茶やココア、栄養ドリンクなどにも含まれているんですね。

眠る前にこういった飲み物は控えた方が、朝までぐっすりと眠れるようになります。

カフェインが含まれない飲み物としては、ルイボスティーがなどがあります。

ルイボスティーお試しセットで、好みのものを探してみましょう。

湯船につかる

仕事で帰りが遅くなると、湯船には浸からずシャワーでサッと済ませることが多くなりますね。

湯船にしっかり浸かって体をあたためる方が、ぐっすり眠るには効果的です。自律神経をリラックスさせ、副交感神経を優位にすることができます。

熱すぎない湯温(39度~40度ぐらい)にゆっくり浸かり、体をしっかりあたためることが大切。
papa
papa
それから、入浴する時間も大切です。お風呂に入ってからすぐに眠ると、体が温まりすぎているため良く眠れません!

体温が下がりにくく、深い眠りに入ることができなくなってしまうからです。お風呂で体が温まったら、1時間ほどは布団に入らずゆっくりしましょう。

歯磨きをしたり、明日の準備をする、テレビを観るでも良し。

1時間ゆっくり過ごしてから眠りについた方が、朝までぐっすり眠ることができますよ。

睡眠の質を高めて朝までぐっすり眠ろう

朝までぐっすりと眠るには、睡眠時間よりも睡眠の質を高めることが大切と言われています。

papa
papa
いくら長時間眠っても、睡眠の質が良くなければ「眠った」気がしないんですよね。

実は適切な睡眠時間というのは人それぞれで、大切なのは時間ではなく「眠りの質」です。質の高い眠りとは、朝、目覚めたときに「ぐっすり眠った」という感覚が得られる眠りです。(全国健康保険協会サイトより引用)

8時間睡眠とよく言われますが、個人差があるのであくまでも一般的な目安なんですね。

その人その人によって、ちょうど良い睡眠時間は異なります。8時間しっかり眠らないとダメという人もいれば、4時間ぐっすり眠ったのでスッキリ!という人もいます。

大切なのは何時間眠ったかよりも、質の高い睡眠ができたかどうかです。

睡眠の質を高めるために、マットレスなどの寝具にこだわるのはとても大切なポイントですね。

 

眠れないまま朝…をやめてぐっすり眠ろう

以上、眠れないまま朝…毎日学校や会社が辛いあなたが今日できる5つの行動について解説しました。

  1. 眠る3~4時間前までに、食事をすませておく
  2. 夕食に脂っこいものは控える
  3. 間食を食べ、夕食をたべすぎない工夫をしよう
  4. 寝る前は、カフェイン入りの飲み物はのまない
  5. 湯船に浸かり、しっかり体をあたためる

夜ぐっすりと眠らないと、日々の生活に大きな影響がでてしまいますよね。

気持ちの良い睡眠で、毎日を健康に過ごしましょう。

少食にすることも睡眠の質を高めることにつながります。詳しくはこちらの記事でご覧ください。

少食で人生変わった
少食で人生変わった|7つのメリットと今日から実践できるメニューを紹介少食で人生変わった|7つのメリットと今日から実践できるメニューを紹介。少食を続けると、寝つきがよくなる、朝の目覚めが良い、体のだるさもないなどのメリットを実感します。少食のメリットを知りたいあなたは必見です。...

コメントを残す