Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/masasan/masayoshi88.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
プロフィール

プロフィール

4つの顔写真とプロフィールの文字

こんにちは♪

運営者のソフィアパパ(@masayoshi88)です。

当ブログDamonde(だもんで)に遊びに来てくださり、ありがとうございます。

このブログは、40代の私が書きたいことを書き綴る雑記ブログです。

40代をもっと楽しく!をモットーに、静岡のお出かけやグルメスポット、節約や転職情報など、様々なジャンルが楽しめます。

このページでは、Damondeの管理人プロフィールについて書いています。

当ブログDamondeについて知りたい方は、こちらからご覧ください。

プロフィール

静岡住みの、アラフォーサラリーマン。

奥さん&子どもと一緒で、家族との時間をとっても大切にしています。

もっと40代を楽しく生きたいと思い、このブログをはじめました。

慣れないブログ運営ですが、あなたが楽しくなるきっかけになれたら嬉しいです。

12年以上つづくブログが趣味

富士西公園に立つ女の子と富士山

伊豆へ住んでいたとき、地域&子育てブログをはじめました。

papa
papa
実に12年も続いている立派な趣味です!

ローカルな距離の近さを利用して、ブロガーさん同士の交流も活発に。

毎日のコメントをやりとりするだけでなく、リアルにお会いするということも。

この時は、主に静岡東部や伊豆のお出かけ&グルメ情報などを記事にしていました。

県外の方が私のブログを旅の参考にしてくれたことがあって、めちゃめちゃ嬉しかったです!

実際に、自分のブログで旅行の様子を詳しく紹介してくれたのを読んで、さらに嬉しくなりました。

田舎暮らしを満喫していたけれど

弓ヶ浜を見つめる大人とこども手をつないでいる

田舎暮らしを、家族仲良く満喫していました。

自然が多くて、都会みたいにゴミゴミしていない、空気が美味しい。

もう、最高でした。

心がよどんでいた私たちは、伊豆へ来て生き返ったように毎日笑って暮らしていました。

でも暮らしてみて分かりましたが、実際住んでみたからこそ感じる不便さもたくさんあったんです。

  • 良い病院が近くにない
  • 特に小児科は絶望的にないので、市街にいかなくてはいけない
  • ショッピングするには、車で2時間ほどかけて出かける
  • 田舎特有の世間のせまさがとても窮屈

良い病院がないっていうのは、本当に苦労しました。

近所にはいわゆるヤブ医者もいて、いい加減な診療をされることも。

なのでわざわざ、隣町の病院へ風邪をひいた子どもを連れて行っていました。

もっと大きな病気だと、ドクターヘリに乗って県中部まで行かなければなりません。

 

それから、けっこう堪えたのが田舎特有の世間のせまさ。

例えば、今日どこで買い物してたとか、あそこへ遊んでいたとか、そういう行動が全部筒抜けなんですよね。

papa
papa
ほっといてくれよ!

気にしなければ良いんですけど、うっとうしいなぁと感じることも。

私はあまり人づきあいがうまい方ではないので、程よい距離感が保てず、なんとなくこの暮らしを変えたいなと思うようになっていきました。

でも、田舎暮らしが悪いことばかりってわけではないです。

暮らしてみて、あぁ私たちには合わないなって感じただけなので。

これから田舎暮らしする方は、良いところも、ちょっと気を付けた方がいいところもありますから。

よく考えて、でも思い切って住んでみるっていうのもアリだと思います。

波打ち際が光り輝いている
伊豆に住むのはありなのか?メリットデメリットを体験談から紹介伊豆に住むことを考えているあなたへ、体験談をご紹介します。 自然が多い伊豆で、田舎暮らしがしたい。 のんびりと、スローライフ...

娘が入院してしまう

暗がりにいるパパと娘

私たちにとってもっともショッキングがだったのは、娘が大きな病気になったことでした。

かなり状態が悪く、緊急入院となってしまいます。

産まれてからずーっと今まで一緒に暮らしていたのに、ある日突然、入院になり離れ離れに。

娘は「いやだー!」と、体を暴れて泣き叫びます。

私たちも泣いて泣いて・・・そんな地獄って、ないですよね?

誰もが思うことでしょうが、なんでうちの子がこんなことに・・・とショックがあまりにも大きくて受け止めるのに必死でした。

いたいのいたいのとんでいけと描かれたハート
子供が入院!付き添いや大部屋など入院生活を実体験から解説 【この記事はこんな方におすすめ】 子供が入院した時のことを知りたい 入院中の付き添いの様子を知りたい 大部屋の環境に...

 

そしてそんなショックを受け止めきれず、私はうつ病に。

仕事に行けなくなり休職・・・そして半年間休職したのち無職になってしまいます。

娘が病気で頑張っているのに、俺は何をやっているんだ・・・。

真っ暗なトンネルの中にいるようで、何をしてもただ暗闇しか見えない、そんな状態でした。

人生なんとかなると太陽を浴びている人
「人生なんとかなる」無職からでも立ち直れる人生なんとかなる。 無職だった時期を経て、はや40代。 人生振り返ってみると色々ありすぎて、もう取り返しのつかないこともあり...

妻の支えで必死に生きた

熱海来宮神社の大楠

妻はどんな思いだったでしょう?

大病の娘を看病し、一方で夫がうつ病、無職に・・・。

別れられても仕方ない状況でしたが、娘を必死に守りながら、夫の尻をたたき支えてくれました。

そして私は復職。

しばらくして息子が産まれ、さらに大変な状況ではありましたが、母の助けも得ながらなんとか頑張りました。

妻の支えがなければ、本当にどうなっていたか分かりません。

だから妻には、一生頭があがりません。

夫に頼れない中、必死になって娘を守ってくれたのですから。

家事をしている旦那
旦那が家事しない?奥さんの言いなりにさせましょう!旦那が家事しないなら、奥さんの言いなりにさせちゃいましょう。家事のやり方がわからない旦那さんには教えて、奥さんの言う通りにやらせます。自分なりにやって雑になるより、きちんと教え込んだ方があとあと楽になります!...

最愛の娘との別れ

娘は病気を治そうと、必死になって頑張っていました。

頑張って頑張って、懸命に頑張っていたんです。

その甲斐あって、一度は元気になり、幼稚園へ通うことができるように。

たくさんお友達と遊んで、いっぱい笑って、楽しい経験をたくさんしました。

ところが、半年ほどでその楽しい生活は一変。

また、治療が必要な状態になってしまいます。

「げんきになって、またようちえんへいくんだ!」と言い、小さな体で必死に頑張っていました。

 

でもね、娘はお星さまになってしまいました。

 

今は、娘の姿を見ることはできません。

絶望的になり、この世に生きていることに意味さえ感じなくなりました。

それでも私たちは、生きていかなければいけません。

だって、娘は最期の最期まで、必死になって生きようと頑張っていましたから。

その姿をこの目で、しっかり見ていましたから。

自分が死んだときあの世で娘に会うこと、それを夢にして毎日を生きています。

悩める子供
子供の死から立ち直れないあなたへ~毎日を生きるために子供の死から立ち直れない。愛するわが子を亡くした親御さんは、絶望的になります。それでも生きなければいけません。辛い思いを背負って、どう生きていけばよいか。娘を亡くした親の立場から、毎日を生きるためにできることをお伝えします。...

ブログへの思い

私は家族一緒にいるという当たり前のようなことが、一番幸せだと感じています。

普段いそがしいパパやママが、週末お子さんと一緒にすごす時間が、少しでも楽しくなるように。

このブログには、そんな思いをこめて書いています。

小さいお子さんと、一緒に楽しめるような情報提供をこころがけています。

娘や息子と一緒にいったからこそわかることを、どこよりも分かりやすくお伝えできればと思っています。

地域ブログの文字
地域ブログならネタに困らない?地元の楽しいブログを作ろう地域ブログならネタ探しにも困らない! 静岡の地域ブログ、Damonde管理人をしているソフィアパパ(@masayoshi88)です。 ...

ライターとして

文章を書くことが好きです!お仕事のご依頼、お待ちしております。

過去の実績
  • 新聞社&医師会様主催体験記にて医師会賞受賞
  • STORYS.jp様にて話題の投稿に選ばれ、Yahoo!ニュースにて紹介
  • 愛媛県西条市「千の風になったあなたへ贈る手紙」(朝日文庫発行)へ作品を掲載
  • クラウドソーシングにて、月10本ほど記事作成実績あり

記事作成などお仕事の依頼は、お問い合わせフォームよりお願いいたします!

SNSアカウント

Twitterではブログ記事更新ほか、たくさん情報を流していますので、よかったらフォローお願いします♪

Twitterやインスタグラムで情報発信したり、フォロワーさんと交流したりしています!

良かったらフォローお願いします。